無料カウンセリング・体験募集中ご予約はこちら

キックボクササイズとは?初心者におすすめのやり方や種類を解説

バナー画像

「キックボクササイズとは?」

「キックボクササイズをやりたいけど、やり方が分からない」

このような悩みをお持ちの方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

本記事では、キックボクササイズについて説明するだけでなく、やり方や種類についても解説していきます。

これからキックボクササイズを始めたい方は、参考にしてみてください。

目次
キック風景

キックボクササイズは、キックやパンチなどキックボクシングの動きを取り入れたフィットネスプログラムです。

有酸素運動と筋力トレーニングを組み合わせることで、全身のシェイプアップや心肺機能の向上が期待できます。

初心者から上級者まで幅広い層に対応しており、楽しみながらフィットネスを目指せる点が人気の理由です。

特に女性からの人気が出ており、キックボクササイズをダイエットに取り入れる方も増えております。

キック
  • 集団タイプ
  • 暗闇タイプ
  • パーソナルタイプ

キックボクササイズジムは、大きく3つの種類があります。

集団タイプ

集団で行うレッスンでは、インストラクターの指示に従いながら音楽に合わせて動くことで、楽しくモチベーションを保ちながら運動できます。

他の参加者との一体感も魅力の一つですが、コミュニケーションを取るのが苦手な方は不快感を感じる可能性が高いです。

暗闇タイプ

暗闇で音楽とライトアップを効果的に使用し、特別な雰囲気の中でエクササイズを楽しめます。

集中力が増し、自分だけの時間を過ごしながらトレーニングできるのが特徴です。

また、周りの目を気にせず、キックボクササイズを楽しめることも特徴になります。

パーソナルタイプ

マンツーマンで、キックボクササイズのレッスンを受けることができます。

個別指導で、一人ひとりの体力や目標に合わせた指導を受けることができるため、ダイエット中の方におすすめです。

また、集団が苦手な方もパーソナルタイプのジムを選択すると良いでしょう。

計測の画像
  1. ダイエット効果
  2. ストレス発散効果
  3. 美肌効果

キックボクササイズの効果は、上記3つがあります。

ダイエット効果

キックボクササイズは、高いカロリー消費を実現するため、ダイエットに非常に効果的です。

高強度の運動と低強度の運動を交互に行うことができるため脂肪燃焼を促進します。

1時間あたりの消費カロリーが500kcal以上もあり、筋トレの倍以上のカロリーを消費できるのです。

継続的にキックボクササイズを行うことで、体脂肪率の減少が期待でき、メリハリのある体型を手に入れることができます。

ストレス発散効果

キックやパンチなどの動作を行うことで、ストレスを解消することができます。

運動中にはエンドルフィン(幸福感を高めるホルモン)の分泌が促され、メンタルケアにも効果的です。

ストレス解消することで、暴飲暴食を抑えることにも繋がり、ダイエットにも良い影響をもたらします。

美肌効果

定期的な運動は血行を促進し、肌に酸素や栄養を届けやすくします。

これにより、肌細胞の再生が活性化され、クリアで健康的な肌を維持することができるのです。

また、汗をかくことで体内の毒素が排出され、肌のトラブルを減らす助けにもなります。

パンチ
  • ジムに入会してレッスンを受ける
  • 自宅でキックボクササイズを行う

キックボクササイズを初心者が始める方法は、上記2つがあります。

ジムに入会してレッスンを受ける

専門のインストラクターから直接指導を受けることで、技術的な面でも安全面でも正しい方法でトレーニングを始めることができます。

また、ジムには様々なレベルのクラスが用意されており、自分のレベルや目標に合わせて選ぶことが可能です。

さらに、自宅ではできないサンドバッグ打ちやミット打ちなどができるため、効率的にダイエットやストレス発散することができます。

自宅でキックボクササイズを行う

自宅で行う場合は、オンラインのクラスやYouTubeなどを利用して、空いた時間に自分のペースでトレーニングを進めることができます。

自宅で行うメリットは、時間や場所に縛られずに運動を続けられることです。

モデル

初心者にもおすすめのキックボクササイズメニューを紹介します。

ハードすぎる場合は、種目をピックアップして行いましょう。

【ウォームアップ】(約5分)

  • スポットジョギング: 軽く足踏みから始め、徐々に速度を上げていきます。全身を動かし、心拍数を上げることが目的です。
  • アームサークル: 腕を大きく前後に回し、肩周りの筋肉をほぐします。各方向に10回ずつ行います。
  • レッグスイング: 手を壁につけてバランスを取りながら、片足を前後に大きく振ります。各足10回ずつ行い、足腰をほぐします。

【キックボクササイズ本編】(約20分)

  1. ジャブ: 基本のパンチです。左足を前にして立ち、左手で前方にパンチを打ち出します。右手は顔を守るように構えます。左右交互に20回ずつ行います。
  2. ストレート: ジャブの次に、後ろ足(右足)を軸にして、右手で力強く前方にパンチします。左右交互に20回ずつ行います。
  3. フロントキック: 足をまっすぐ前に蹴り上げます。腰をしっかりと使い、バランスを保ちながら実行します。左右交互に各10回行います。
  4. ローキック: 膝を軽く曲げてから、足を横に蹴り出します。蹴る足のつま先は少し内側に向け、太ももの外側で想像上の相手の脚を蹴るイメージで行います。左右交互に各10回行います。
  5. ヒザ蹴り: 膝を高く引き上げて前に蹴り出します。腹筋を使いながら、しっかりとした姿勢で行います。左右交互に各10回行います。

【クールダウン】(約5分)

  • ストレッチ: 全身の筋肉を丁寧にストレッチして、筋肉の緊張をほぐします。特に脚、腰、背中、肩のストレッチを重点的に行います。
  • 深呼吸: 落ち着いた姿勢で深く呼吸を行い、心拍数を落ち着けます。5回程度、深呼吸を繰り返しましょう。

注意点

  • トレーニング前には、適切なウェアを着用し、動きやすいスペースを確保。
  • 動作は自分のペースで行い、無理は禁物です。特に初心者は、怪我を防ぐためにもフォームの正確さを意識しましょう。
トレーニング

キックボクササイズは、女性にもおすすめの運動です。

筋トレと比べ、単純作業にならない運動なので、継続的に楽しく運動習慣を身につけることができます。

ダイエット中の女性におすすめ

キックボクササイズは、全身を使った運動でありながら楽しみながらできるため、特にダイエットを目的とする女性にとっておすすめのエクササイズです。

また、自信をつけることができるという精神的なメリットもあります。

自己防衛技術の基礎を学ぶことができるため、身体的な強さだけでなく、心の強さも育むことができます。

トレーナーのイメージ写真

「キックボクササイズに行きたいけど、女性1人で行くのは心配…」

このような悩みを持つ方は、ダイエット専門キックボクシングパーソナルジムWINMEにお任せください。

女性に特化したキックボクシングジムです。

周りの目を気にせず、キックボクササイズができる

完全個室マンツーマンで、キックボクササイズを行うことができます。

なので、周りの目を気にせず、全力でキックボクササイズに打ち込むことができるのです。

食事指導も受けることができる

ダイエット専門キックボクシングパーソナルジムWINMEでは、個々に合わせた食事指導も行います。

ダイエットにおいて、食事管理も欠かせません。

そんな食事管理をトレーナーが指導いたします。

なので、効率的にダイエットを進めることができ、最短で理想の身体を手に入れることが可能です。

まずは無料カウンセリング&体験

ダイエット専門キックボクシングパーソナルジムWINMEは、無料カウンセリングと体験を行なっております。

ジムの雰囲気を知るためにお気軽にお越しください。

バナー画像

キックボクササイズは、身体的なメリットだけでなく、精神的な健康や自信の向上にも寄与するエクササイズです。

初心者から経験者まで、また女性にもおすすめできるプログラムが多くあります。

自分に合った方法を見つけ、健康的で活動的なライフスタイルを楽しみましょう。

【PR】ダイエット専門キックボクシングパーソナルジムWINME

トレーナーのイメージ写真

キックボクシングと筋トレで、効率的に痩せることができるジム「WINME」

消費カロリーが多く、食事制限不要パーソナルジム以外での運動も不要で、初心者でも安心のパーソナルジムです。

月2回プラン

1回あたり 5,000円(税込)

合計10,000円(税込)

月4回プラン

1回あたり 4,750円(税込)

合計19,000円(税込)

月8回プラン

1回あたり 4,500円(税込)

合計36,000円(税込)

ダイエット専門キックボクシングパーソナルジムWINMEが気になる方は、まず無料カウンセリングを活用してみてください。

\ 体験レッスンはこちらから /

バナー画像

記事の監修者 首藤 陸(シュドウ リク)

スポーツ関係の専門学校に通い、パーソナルトレーナーの資格を取得し、卒業。
パーソナルトレーニングジムに勤め、フリーランスパーソナルトレーナーとして大手24時間ジムでFC内No.1売り上げを達成。

保有資格 日本トレーニング指導者協会認定資格 JATI

目次